輝く海軍と南支南洋展ポスター
熊本県で開催された展示会のポスター。
開催場所の千徳というのは、当時熊本を代表した百貨店「千徳百貨店」のことと思われます。
開催年、内容については調査中です。
甲板から見た光景を図柄にしています。
2隻のややデフォルメした戦艦の絵が描かれています。長門型戦艦の特徴である高い艦橋と第一煙突が屈曲した姿となっていますが、これは、当時の国民にとって戦艦といえば、「屈曲煙突」という印象が強かったため、そういう図柄にしただけとも思えます。
長門型戦艦が改装により屈曲煙突をなくしたのは、昭和11年のことですが、南支南洋展という表現からも、開催年はもっとあとかもしれません。
海軍展ですが、熊本の陸軍第6師団が後援に入っているところも面白いです。
 
戻 る