日本銀行券A号10円
昭和21年に発行された新円最初の紙幣です。
デザインコンペで民間から採用したため、左右に分かれた他にあまり例のないもので、裏も簡素な地紋に宝結び模様という変わったデザインです。さらに元は十二神将の伐折羅大将の肖像が入る予定だったのをGHQが許可しなかったため、急遽その部分に国会議事堂の真中部分をはめ込んだ図柄にしたといわれており、評判は悪かったといいます。
ウインドウを閉じます