日本銀行兌換券1次10円証紙付き
昭和5年に発行が始まった紙幣で、終戦直後の新円切り替えの時に不足分を補うため、証紙を貼って通用させたものです
ウインドウを閉じます