伊万里染付いげ皿
「いげ皿」は、明治・大正頃の一時期に焼かれた一般向けの陶器で、その特徴は、縁がギザギザ状(佐賀の方言で「イゲ」)になっていること。いげ部分は鉄釉で茶色のものが多いですが、青いものもあります。部屋の飾りとしても良いですが、日常使うものとしてもまだまだ使えます。
1万円
ウインドウを閉じます