伊万里染付印判皿
陶磁器の需要が高まったことで、時間のかかる手描のデザインをやめて、印判、すなわち型紙などを使って絵付けしたお皿です。印判をする時に失敗したのか、真ん中の魚の図が少しずれています。今だったら不良品ということになるでしょうが、当時はこういうものも市場に出ていました。
1万円
ウインドウを閉じます